価値を知って大切にしたい釣具の世界

自分が所持している釣具の価値を知るためには

おすすめlink

釣具の高額買取!

定番の釣具を高額買取?自宅に眠っている製品を売買して臨時収入を得るコツを伝授します

なぜ価値を確認するのか

「丁寧に手入れして愛用している釣具だけど、使い込んでいる分劣化しているかも」「大切な道具の価値を知りたいけど他人に判断されるのは抵抗がある」という気持ちはごもっとも。 出来る事なら、特に最初は、自分である程度大切な道具の価値を把握しておきたいですよね。 その方法について調べてみました。

こっそり自分で調べてみたい

「そもそも、好きで使っている釣具の価値をいちいち確認する必要があるのか」と思われる方も多いと思います。
もちろんそれもごもっともな意見です。
ただ、例えば年齢的にこれまで趣味としていた沖釣りや磯釣りが難しくなったり、頻繁に通っていた川に目的の魚が出なくなってしまった、という状況でこれまで持っていた釣具を手放すことになったり、釣り好きの親族の遺品として釣具が遺される場合などがあるのも事実です。

この様な場合、手元の釣具をどの様に処分していくのかという事が課題になります。

一般的に釣りの道具は点数が多いので、その中から価値のあるもの・ないものを判断し、その後の対応を決めていく必要があります。
できる事なら価値が正しく評価され、その後も大切にされる道具であってもらいたいですし、アンティークの釣具などの場合、プロの手によって保管される事が望ましいものもあるかもしれません。

多くの場合、所有者はその釣具を購入する際にスペックなどの情報を調べることはありますが、購入後の価値の変動まで把握していないでしょう。
限られた知識の中で自分勝手に釣具の価値を判断し、処分してしまった後で、実はその釣具が多くの人に求められる希少価値の高い逸品だったという事が分かっても時すでに遅し。
その釣具が道具として長く愛される道を閉ざしたくはないですよね。

もちろん手元で使い続ける場合も同様です。
正しく価値を把握し、愛情を持って手入れをしていくためにも、何かの機会にご自分の釣具の価値を確認されるのは良い事なのではないでしょうか。

プロにしっかり査定してもらう

「あの人は釣りが好き」と認識されると、何かの機会に大変高価そうなリールや竿をいただく事があります。 場合によってはしっかりとプロに査定してもらって、その道具をどの様に扱うのかを決めなければいけないかもしれません。 そうした場合の方法について記述しています。

最後に価値を決めるのは自分

この様な記事を書くと、結局道具の価値は世間的な評価になると思われる方もいらっしゃるでしょう。 当然ながらご自分の使っている釣具の人気や世間的な価値が自身の価値観と一致する場合もあれば、異なる場合もあると思います。 釣り具は道具であり、最終的にその価値を決めるのはあなた自身である事も忘れずにいたいですね。

TOPへ