価値を知って大切にしたい釣具の世界

プロにしっかり査定してもらう

買取店、釣具店で査定して貰う

直接的な方法なら、釣具の買取をうたっている店舗に持ち込む事もできます。
ただ、事前に誰が査定するのかは確認しておいた方が良いでしょう。
釣具の専門知識を持った担当者が査定する店舗もあれば、特に専門知識がない担当者が店舗マニュアルに沿って(購入後1年未満か、傷はあるか、等)判断しているだけの場合もあります。
当然、後者の場合は道具の価値が正しく査定されているとは言えない場合が出てきます。
「どういった方が査定してくださるのですか。」「釣具の知識のある方が査定されますか」と言った質問を事前に電話で尋ねることは特に失礼な事ではありません。

別の方法として、もし、個人で経営している息の長い釣具店があれば、そちらに相談される事もお勧めします。
個人の釣具店は店主はじめ限られた人たちで仕入れ販売を行っており、基本的に自身も釣りをやり込んでいる人ばかりなので、非常に的確に判断してもらえる可能性が高いです。

こんな相談先もある

抜け穴的な相談先ですが、釣具店ではなく、釣り堀や船宿に相談するという方法もあります。

最近は遊園地にフィッシングエリアがあったり、街中に「釣り堀カフェ」なるものができたりしています。
こうしたところのスタッフも釣りマニアが大半です。
私の知り合いにも以前はアンティーク専門の釣具店を経営していて現在は釣り堀カフェの店長、という方がいますが、お店で釣具を使用する事もあり魚にも釣具にも大変詳しく最新の情報も持ち合わせています。

何より買取、売買という直接的な利害関係がない中で親身になってアドバイスしてもらえるのでとても安心です。
釣り堀スタッフと仲良くなって、会話を楽しむ為の材料として相談してみるのもお勧めですよ。


TOPへ戻る